脱毛の疑問

日焼けしていると脱毛できない?どのくらいの日焼けがダメなの?

更新日:

6035815a4a20fc94250d32e018272c34_s

楽しみにしていた脱毛当日!
どれくらいムダ毛が減るのかな~♪なんてワクワクしていたら…

脱毛サロンで脱毛を断られてしまう!
そんな場合があるようです。

その原因とは日焼け。
なんと日焼けをしていると脱毛出来ないっていうんです。

しかし、なぜ日焼けをしていると脱毛できないんでしょうか?
どれくらいの日焼けがNGなんでしょうか?

■日焼けをしていると脱毛できないのはなぜ?

多くの脱毛サロンで取り入れられている光脱毛は、
毛根に光を当ててダメージを与え、脱毛するという方法を取っています。

では毛根部分の何に光が反応しているかというと、
そこに含まれているメラニン色素なんです。

光脱毛で使われる光は、黒い部分…つまりメラニン色素に働きかけ、
その部分を破壊する働きをします。

さて、ここで思い出したいのが日焼けのこと。
日に焼けてお肌が黒くなるのはなぜかというと?
そう、メラニン色素がお肌に沈着するからですよね。

そこに光脱毛の光を当てることは、
お肌そのものにダメージを与えていることになってしまいます。
脱毛にとって日焼けが厳禁とされている理由が分かりますね。

中にはSSC脱毛ハイパースキン脱毛など、
光脱毛とは違う方法を取っている脱毛サロンもあります。
そのような方法の場合、重度でなければある程度日焼けしていても処置が可能なんだそうですよ。

■どれくらい日焼けしているとだめ?

それではどれくらい日焼けをしていると脱毛が出来ないのでしょうか?

日焼けにも個人差はありますので、一概には言えませんが
脱毛の処置を受ける2~3ヶ月以内に、
自覚があるほど日焼けをしているのはNGなようです。

例えば海に行って積極的に日焼けしたり、日焼けサロンに行ったり…
お肌もダメージを受けている状態ですので、脱毛は難しいようです。

また屋外に良く出る方で、日焼け対策を全くしていないのも問題がある様子。
帽子や日焼け止めなど、常に紫外線対策をしているのが条件になるようです。

ほとんど家から出ていない方や、
ほとんど日を浴びずに通学・通勤できている方は
紫外線対策は関係なく脱毛できることもあるようですが、
室内でも日焼けすることはありますので、日常的に対策をしている方が安心ですね。

■スムーズに脱毛するために!

スムーズに脱毛を進めるためには、やはり日焼けは厳禁のようです。

しかし毎日生活していると、まったく日焼けしないというわけにもいきませんよね。
出来るだけ日焼けのリスクを避けられるように、
紫外線対策は季節を問わずばっちりするようにしましょう!

夏場は今まで使っていた紫外線対策グッズに、ひとつプラスするのもいいですね。
日傘を買ってみたり、紫外線対策用の手袋を買ってみたり、
車に紫外線対策シートを貼ってみたり…。

出来る範囲で日焼け対策を頑張っていれば、
そんなに簡単に脱毛を断られてしまうことも無いハズ。

せっかく始めた脱毛ですから、
一日でも早くつるつる素肌を手に入れるために頑張っていきましょう!

-脱毛の疑問

Copyright© 教えて!脱毛先生!気になり始めた人のためのムダ毛対策。 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.